ホーム>トリノ便利庁>トリノ暮らしの情報

MAIL  
 掲示バン  

サイトマップ

トリノ研究
manGia!!
留学&就職

トリノ便 利庁
トリノ暮らしの情報
 医療
 滞在許可証
 日本人会
 こんぺいとう
 comeva入手方法

 食材店リスト

旅と写真

Turismo
-トリノ基本情報
-見所と催し
-トリノ八景
Albergo
-ホテル
-レジデンス&ユース
Ristorante+
-リストランテ
-カフェテリア
-専門店

 




Permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo(Carta di soggiorno)の 申請

Carta di soggiornoの申請を行ったの で実際にどんな書類が必要だったかを以下に残しておきます。(2010年)私の場合、イタリア国籍保有者との婚姻、扶養家族なし、合法滞在6年以上という 背景で手続きを進めましたが、条件の違う場合はさらに別の書類などが必要になるようです。手続きを開始する前に必ず公的機関のサイトなどで確認をしてくだ さい。

情報収集に便利なサイト:www.portaleimmigrazione.it/

申請方法:市内にあるPatronato(公的なサービス支援を行っている)に 出向くか、郵便局のKit Gialloを入手してクエストゥーラに直接赴く。私はPatronatoへ行きました。
必要書類:(あくまでも私の場合です。申請場所や、受付の人によっても違うことがあるので書類は多めに・・・太字は必須書類。そのほかは、条件に応じての必要書類)
有効なパスポートの原本および全ページコピー(パスポートの更新が近い場合、先に更新する)
イタリアの身分証明書の原本および全ページコピー
証明用写真4枚
婚姻証明書(市役所で取得)
現住所の証明書(自己申告書-Auto dichiarazioneで代用可)
Certificato Casellario Giudiziario(裁判所で取得。オンライン申請可
Certificato delle iscrizioni relative ai procedimenti Penali in corso(裁判所で取得。オンライン申請可
前年の源泉徴収票(CUD)あるいは、給与明細12か月分のコピー
Contratto di soggiorno(勤務先に聞く)
自宅の購入契約書コピー

申請の流れ:
すべての書類を揃えたら、Patronatoに申請の予約。
Patronatoでは、オンライン申請を代行してくれるので、クエストゥーラに直接申請するよりも早いといわれている。(クエストゥーラで入力処理をする時間が省ける、とのこと)
必要書類がそろっているかなどをチェック後、申請費用を郵便局にて払い込み。
振り込み票を、再度Patronatoへ持参し、クエストゥーラへの原本持参日時を予約。
クエストゥーラにて、原本等の確認および、電子指紋採取。ここで、どんなにがんばってもかなりの確率で足らない書類があるといわれます・・・。四の五の言わずに、足らない書類をメモするのが懸命です。
すべての書類を提出後、携帯番号を申請書に併記した場合はSMSにより引き取り日時を指定されるのを待ちます。(2-3ヶ月とのこと)オンライン申請した場合は、ログインパスワードがもらえるので、それで処理状況を確認することもできます。ログインはここから
引取りには、受け取りのサインをして終了です。
私の場合は、たしかに有効期限なしのものが発行されましたが、パスポートが更新になったらまたクエストゥーラに出向く必要があるそうです。10年後の話なので、状況もさらに変わると思うので、詳細は聞きませんでした。


イタリアでの医療につい て:

■ホームドクター
日本にはないホームドクター制度をベースにしています。
イタリアに入国して滞在許可証、納税コード(codice fiscale) を手にしたら、今度は保険証を入手します。
ASLという公的機関がこの発行をしているので、まずは管轄のASLを探します。インターネットなどで、「ASL (お住まいの市)」で検索すると、出てくるのでそこから一番近い ASLが管轄になります。市役所などで手続き をする際に、教えてくれる場合もあります。
ASL保険証(Tessera sanitaria)の発行に必要な書類等を確認し、手続きを行います。その際、ホームドクターを一覧の中から選んでおきま す。選ぶ基準は自宅や職場から近い、診療時間が長いなどの面を見て決めるのがよいかと思います。ホームドクターは、症状を見て適切な治療を行えるように検 査や薬の処方などを行いますが、高度医療処置が必要な場合は専門医への紹介をしてくれます。
現在、このTessera Sanitariaは紙のもの とプラスチックカードのものと2種類が発行されています。ど ちらかが片方の効力を代わるものではなく、両方必要になります。(不可思議ですが、ASLなどでは怒られます)滞在許可証が更新になった際には紙のカードもASLにて更新する必要がありますので注意を。更新しない場合、ホームドク ターのリストから削除されてしまい、医療サービスを受けられなくなることもあります。更新には管轄のASLに 古い紙のTesseraと新しい許可証を持参するだけでOK。プラスチックのものは有効期限の切れる1ヶ月前あたりに郵送で新しい ものが送られてくるそうです。

さて、実際にホームドクターへいく場合とは
具合が悪い
処方箋の発行

健康診断書の発
などが主になります。(当たり前ですが)。
健康診断書の発行は、スポーツクラブに入会する際などに提出が求められることが多いです。

さて、具合が悪い場合。
ホームドクターへ行き、ドクターに見てもらいます。この際、窓口の人が別にいる場合は、その人にドクターの診察を希望する旨伝え、順番を待ちます。順番 は、番号を渡される、この人の後ですよ、と教えられるなどさまざまですが、抜かされないようにしっかりがんばります。
また、窓口の人がいない場合は、必ず「どなたが最後ですか?(キ・エ・ウルティモ?)」と聞いて、最後の人の後に自分の順番を待ちます。後から誰か入って きた場合は、自分がその人の前であるということを意思表示しましょう。
診療所にも行けないほど具合の悪い場合は、ドクターに電話をして往診を頼むこともできます。
また、処方箋だけ書いてほしいなどの場合、受付の人がいればその人に伝えます。これで何時間もなかに入るのを待たずに済みます。
また勤務先に病欠であることを証明する場合も証明書をもらいます。2011年 初旬までは書類でしたが現在はオンラインでINPSへの連 絡を医師が行います。職場への証明は、今現在、紙のコピーを提出するようです。(2日以内)

■検査、専門医の受診
さて、ドクターが処方箋を書いてくれたり**の検査あるいは専門医の診察を受けなさい、と赤い用紙(Impegnativa)を渡してくれたら。処方箋の場合は薬局へ。風邪 薬などの一般薬以外はすべて医師の処方箋が必要です。また、保険証の提示も求められます。検査や専門医の診察の場合は、それを行っている機関へ直接電話を して予約を取ります。
電話は受付の時間が短かったり、かかるまでに何分も待たされたりと要領を得ないところが多いですが、最近は電子メールで予約を受け付けて くれるところも多くなりました。

予約が電子メールでもできる大きな機関の一例を参考までに。
検査は血液検査(予約の要らない場合も多い)からレントゲン(歯科のレントゲン含む)、エコー検査、心電図、TAC(断 層撮影)、RM(MR検査)、MOC(骨密度検査)、などがあります。

公的機関 OSPEDALE S. ANNA DI TORINO
公的機関 OSPEDALE MOLINETTE
民間 GRUPPO POLIAMBULATORI LARC
民間 C.D.C. - CENTRO DIAGNOSTICO CERNAIA

電子メールにて必要事項を記して予約をすると、翌日には病院のほうから電話がかかってくるので、日時等を決めて予約は完了 します。その際、チケットを支払いますか?と聞かれますが医療費の自己負担分のことなので支払う旨を伝えます(年金生活、低所得者などの場合免除になるこ とがあり)。ただし、医療費免除(ESENZIONE)の 欄に数字や記号がドクターによって記してある場合は別です。たとえば高度医療を必要とする病気の場合、妊娠に関する検査などは自己負担分が免除されます。

検査が終わったら、そのまま検査結果をくれる場合もありますが、通常は数日後に結果が出るのでそれを取りに行きます。それぞれの機関にて引取りの時間が決 められているので、あまり時間のない人は引き取りの時間帯に余裕のあるところなどを選んで予約するのもいいかもしれません。また、職場に申告する場合は何 時から何時まで診療所で検査・診察を受けていたという証書をもらうとその間の時間は勤務中と同じくカウントされるので必要な人は検査終了後に受付に申し出 ます。

■プライベート医療機関の受診

さて、公的機関での予約が数ヶ月先で待てない、と言うような場合には民間の医療機関へかかることもできます。ただ、医療費はすべて自己負担になります。保 険などに入っていて払い戻しができる場合や、特に必要な場合は利用するのも手です。この場合、ホームドクターから赤い用紙(Impegnativa)をもらう必要はなく、すべて直接コンタクトを取り ます。


櫻(さくら)トリノ日伊 文化交流協会:
トリノの日伊文化交流協会です。
料理教室、日本語・イタリア語講座など様々な講座を開く一方、お昼の昼食会など交流会も開催されています。
Associazione Interculturale Italia-Giappone SAKURA
C.so Racconigi, 10
10138 - Torino

www.sakuratorino.it


滞在許可証:
SMSで更新予約 ができた期間もありましたが今は郵便局へ事務処理委譲が決まったりといろいろと変わりました。2007年8月時点での最新情報を掲載いたします。ただし、 公式情報と実際の情報が食い違うのがここイタリア。現地での確認は怠らないでくださいね…。2007年8月情報更新

情報収集に便利なサイト:www.portaleimmigrazione.it/

■3ヶ月以内の滞在の場合:書 類に必要事項を記入し、入国の際あるいは入国から8日以内に最寄のクェストゥーラに提出します。(一応それが建 前)
書類をPDF でダウンロード

■3ヶ月以上滞在の場合
滞在許可証(permesso di soggiorno)の申請が必要です。
必要書類
- 有効なパスポート+滞在目的により必要な場合はそのビザ
- 上記書類のコピー(何があるかわからないので全ページコピーが懸命)
- 証明写真4枚
- 収入印紙14.62ユーロ(2007年9月1日からは電信為替contrassegni telematiciのみの受付!)+30ユーロ(郵便局では窓口に提出の際に支払 う)+27.50ユーロ(90日以上の滞在許可証を申請する場合の)
- その他滞在目的に応じて必要な書類

滞在許可証の更新は有効期限が切れる日の:
 90日前(有効期限2年の滞在許可証の場合)
 60日前(有効期限1年の滞在許可証の場合)
 30日前(それ以下の期限の場合)
から期限が切れる日以降60日以内に申請をすること。

■申請場所
現在のところ、市役所(トリノ県下ではIVREA市のみ)、ACLI、クエストゥーラ、郵便局の4つで申請ができま す。

  □ACLIの場合
窓口で申請用紙を記入(無料)。用紙は書留で指定のクェストゥーラへ郵送すること。この書留の控えが以前の申請審査中の用紙の代わりになるので、これで住 民票の登録や自動車免許の申請などができる。
ACLI Torino Vanchiglia C.so Cadore 20/8 10153 TORINO TORINO
ACLI Torino Lingotto Via Nizza 369/e 10126 TORINO TORINO
ACLI Torino Mirafiori Corso Unione Sovietica 314 10135 TORINO TORINO
ACLI Torino Centro C.so Siccardi 6 10122 TORINO TORINO
トリノ 県下のACLI所在地を全て見る

 □郵便局の場合
Sportello Amico(滞在許可証 関連を扱う指定郵便局の指定窓口)のある郵便局に出向き、まずはKit gialloを 入手する。
Kitを受け付けている郵便局を探す
-kit giallo(イエロー・キット:無料。2枚申 請用紙が入っている。1枚は必ず記入。もう1枚はイタリアで仕事をしている=収入のある人が記入)
-有効期限内のパスポートなど身分証明書(窓口で提示)
- 上記身分証明書のA4コピー(全頁が望ましい)
- その他必要な申請書類のA4コピー

総ての書類を提出すると、領収書をもらえるので、それを保管。

■引き取り方法(提出場所に関係なく以下の要領で)
書留で移民局からの通知が来るので、その日に指定された場所へ出向く。その際、証明写真、その他提出の際に不足していた書類(通知に記載されている)を もっていく。初めての滞在許可証申請の場合には、引取りと同時に、全指の指紋の押印が義務付けられている。

■カルタディソッジョルノの名称の廃止:
2007年1月より、旧Carta di soggiornoの 名称が廃止になり、Permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodoになりました。(書類自体の効力については変化なし) http://www.poliziadistato.it

5年以上滞在許可証を保持している人はPermesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo(旧カルタディソッジョルノ)の申請ができます。 申請方法等は移民局サイトをご覧ください。



日本の免許から、イタリアの免許への書き換え:

書き換えは、イタリアで住民登録をする前に日本(外国)で取得した日本(外国)の免許証のみ、書き換えが可能です。
必要な書類は、Motorizzazione civileへ出向いて、一式もらいます。
あるいはACIに代行を頼むことも可。手数料200ユーロ程度。土曜日の朝や夕方遅い時間帯にも健康診断(必要書類のひとつ)をしてくれます(25ユーロ 程度)。ただし、代行を頼んだにもかかわらず、私は一度自分でMotorizzazione Civileへ出向く羽目になったので、時間がある人は是非自力でやってみてください。
書類だけなら入り口のメインインフォメーション窓口でもらえるので、個別の窓口に並ぶ必要はなし。もらった書類は以下の4通。
1.Domanda per il rilascio della patente di guida
2.Circolare D.G. n 133 del 18-06-1984

3.Dichiarazione sostitutiva di certificazione
4.Bollettini
郵便局払い込み用紙2通(口座番号4028には20.66ユー ロ、9001には5.16ユーロをそれぞれ振り込む)

この他、どんな書類が必要かが記されたB5サイズの半紙が 渡されます。それには以下の書類を用意するように指示されているので、各自用意します。
イタリア語の文面は、こちらで参照できます。
http://www.comune.torino.it/servizi/certificati/certi48.htm
a)収 入印紙を貼った医師の診断書(日付は6ヶ月以内のもの。近くのASLなどで、予約をし、医師の診断を受けます。これには、診断料32 ユーロ、10.33ユーロの収入印紙、carta d'identita', codice fiscale, 予約時に渡されるautocertificazione、 滞在許可証、日本の免許証などが必要ですが、予約時に確認してください。上記は私がかかったASLの場合です。)
b)33x40mmサ イズの証明写真2枚(上記の1.に貼り付ける場所があります)
c)イ タリア国内における最初の住民登録日の証明あるいは自己証明(moduli.itな どで用紙が手に入ります)
d)外 国の免許証(つまり日本の免許証)とそのコピー
e)大 使館あるいは領事館による免許証の翻訳。一般の翻訳者による翻訳の場合は、裁判所で証明を受けること(でもこれは領事館ではあまりオ ススメしていないようでした)。大使館/領事館での翻訳の場合は、大使のサインに、更に県の証明をもらうこと(めんどくさいですが…必要だそうです)。い ずれの場合にも、「イタリアの免許証への書き換えに使用(Ad uso conversione patette estera in italiana)」との文言がはいっていること。(大使館で 翻訳を頼むと、この文言がはいっています)
f)滞 在許可証およびそのコピー
g)パ スポートおよび、氏名などの記載されているページのコピー
h)上記3.の証明書
i)振込用紙2通の領収書
(つ まり、先に郵便局で振込みを済ませる。上記の1.に貼り付ける場所があります)
*ここには書いてありませんが、この他、Carta d'identita', Codice fiscaleなども念のため持って行ったほうがいいと思いま す。

上記の書類を全て持参して申請します。

申請場所:Motorizzazione civile8窓 口(patenti esteri)(上記のサイトでは9 番になっていますが、今回8番になっていました)
Motorizzazione civile
via bertani, 41
(バス74番、5番:バス停bertaniで下車。墓地の 前辺りで降ろされると思うので、トリノ方面に少し戻って、ロトンダにあるMotorizzazione civileの矢印に従い、高架下の道を歩いていくと、上がりきった正面にある建物がMotorizzazione civile
TEL:011-3012100
受付時間:月、水、金 8:30-11:30



在ミラノ日本総領事館(Consolato Generale del Giappone)
住所:via Privata Cesare Mangili,2/4, 20121, Milano
TEL: 02-6241141
FAX: 02-6597201

受付時間:9:00-12:00 / 14:30-16:00
E-mail: ryojikan@micronet.it
領事館のお知らせ:http://www.ccigi.org/free_page/ryoujikann_oshirase_top.htm

 

日本人会:
ミラノに北イタリア日本人会があります。年会費30ユーロ(一家族)を支払って会員になると、月一回(8月 休刊)会報が送られてくるほか、12月には日本人学校校舎で「ラ・フェスタ」が行われ、文化祭のような行事で盛り上がるとか。日本語書籍の貸し出しなども あり。(入会時に郵送される会員証必携)
職場で購読していたのですが、領事館便りなどもあり情報を得るにはかなりオススメ。

詳細は以下まで。
北イタリア日本人会事務局
開設時間:9:30―12:30(土曜・日祭日休み)
住所:VIA ARZAGA 10、 20146 MILANO ミラノ日本人学校内4階
電話:02-48303500
FAX:02−48303492
E-mailFassonord@micronet.it
会の概要:http://www.ccigi.org/free_page/html_contents/nihonjinkai/nihonjinkai_oshirase_top.htm

 


come vaの入手方法:
ご存知日本語月刊情報誌。
イタリアの話題から求人情報まで載っている、在住者には欠かせない情報誌ですが、毎月必ず入手するには、定期購読がお勧 め。(ミラノやローマなどの大都市の日本人が行くお店、ホテルなどでは無料配布されています。詳しくは配 布先参照。)イタリア国内へ郵送の場合は、23ユーロを以下の郵便為替口座に送金するだけです。日本からの購読の場合は下記宛てに メールで。
jun.milano@nipponclub.it

振込口座:c/cNo.52189008
Nippon Club via tripoli,28-00199 Roma

tel:06.86210112
fax:06.86205803
tel.&fax:02.55015009
e-mail:comeva@nipponclub.it

   
© 2001-2011 無断転載を禁止します。