ホームmanGia!!pizZa!!

MAIL  
 掲示バン

サイトマップ

トリノ研究
manGia!!
 antipasTi!!前菜
 pasTa!!パスタ&リゾット
pizZa!!ピザ&カルツォーネ
 ピザ
 手作りカルツォーネ

 fesTa!!パーティーの食卓
 dolCe!!お菓子いろいろ
 ピエモンテ料理の基礎知識
 ピエモンテワインの基礎知識

留学&就職
トリノ便利庁
旅と写真

Turismo
-トリノ基本情報
- 見所と催し
-トリノ八景
Albergo
-ホテル
-レジデンス&ユース
Ristorante+
-リストランテ
-カフェテリア
-専門店


フレゼッリーネ、トマト、サーモンのオーブン焼き


ベーグルに似た穴の開いた固いパン、フレゼッリーネ。スーパーなどで見かけていて固そうだなぁ、とは思っていたのですが、どんな食べ方をするのか全く見当も付かず、素通りしていました。
ですがこの間お呼ばれしたときに教えてもらったのが、今回のオーブン焼き。見た目も可愛いし胚芽パンの香ばしい香りが食欲をそそります。

早速材料から。
フレゼッリーネを人数分
プチトマト
玉ねぎ
菜の花、ブロッコリなど青い野菜
サーモン
オレガノ バジルの葉
ニンニク
オリーブオイル

上記材料は適当に変化をつけてもOKだと思います。モッツァレッラチーズを細かく刻んでも良いし、サーモンの代わりにオイルサーディンなどを使っても。カッペリなどを混ぜてもよさそうです。

まずは、トマトを4つに切ります。これをボウルに移し、オリーブオイルをたっぷり目にかけ、オレガノ、バジルの葉(適当な大きさにちぎる)、ニンニクのすりおろし少々、玉ねぎのみじん切り、塩少々も混ぜて30分ほどおきます。
菜の花、ブロッコリーなどは茹で、適当な大きさ(トマトと同じくらい)に切り、トマトのボウルに加えます。
そして、サーモンを用意。好みで塩コショウをしたサーモンを、テフロン加工の鍋で火を通し、荒くほぐします。
固いフレゼッリーネは、塩を一つまみほど入れたぬるま湯に浸し、柔らかくします。

オーブンは180度程度に温め、トレーにオーブンシートをひき、ここへぬるま湯を含ませたフレゼッリーネをおきます。
トマトのボウルの中身、サーモンの順に、フレゼッリーネにのせ、オリーブオイルを軽く回しかけてオーブンへ。20分ほどで出来上がり!

水で柔らかくしたフレゼッリーネは、オーブンで焼き上げてもふわふわの感触。下の部分がカリカリと香ばしく、食欲をそそります。
オーブンで焼いたこのバージョンは簡単なパーティ料理のメインにも使えそうな感じですが、一口大に砕いてトマトなどの汁を含ませて柔らかくし、お好みの具を加えてパンサラダ風にすれば、簡単なランチにも…。色々試してみてくださいね!

 

 

ピザ

市販のピザ用の粉に、水を塩を混ぜて捏ね、寝かせずに直ぐに具をのせる。210度のオーブンで20分焼くだけで、芳ばしいピザの出来上がり。
片方はトマトソースにパンチェッタ、モッツァレッラの乗った普通のもの。もう一つは、ゴルゴンゾーラに洋梨のスライスをのせ、オレガノ、胡椒をまぶしたもの。一体どのような・・・と思ったお味は案外いける!

 

 

 

手作りカルツォーネ

カリカリッイースト(発酵種?)25グラムを2カップの湯で溶く。塩を小匙3杯くらい入れる。耳たぶ位の柔らかさになるまで小麦を振り入れる(1)。

カルツォーネの中身を用意する。トマトは中の種を除いて賽の目に、ルッコラはよく洗ってリコッタチーズとあわせる。パンチェッタ(薫製ハム)、チーズ各種も賽の目に切る。

小麦を台に振り、(1)を適当な大きさに丸く広げる。中に具を入れ半分に折りしっかり口を閉じる。発酵するまで少々(約30分)待ち、200度に暖めておいたオーブンに入れ様子を見ながら焼く。
<材料>小麦粉、イースト、塩、トマト、ルッコラ、リコッタチーズ、パンチェッタ、その他チーズ各種

作ったsteさえレシピ無しの想像で作ったので、上記の作り方もあくまでも記録として。
こちらの小麦の種類のせいなのかもしれないが、外はかりっと中はふんわり、なかなかのデキアガリ。でも中に詰める具をもうちょっとたくさん入れた方がよかったかもしれない。そしてカルツォーネの外側の部分はできるだけ薄くした方が、たくさん種類が食べられていいかも知れない。

リコッタはカッテージチーズとよく似ている軽いチーズ。パンチェッタの代りにベーコン、ルッコラの代りにほうれん草でばっちり。のハズ。

 

ピザ1999/08/15・夜

イースト(よく分からないが発酵種)25グラムを2カップの湯で溶く。塩を小匙3杯くらい入れる。
小麦粉を入れ、混ぜる。耳たぶくらいの硬さになったら、適当な大きさに丸く伸ばす。後で発酵するので薄めにするらしい。

トマト、黒オリーブ、モッツアレッラ、ラディッキオ(苦い野菜)、ぺぺローネ(ピーマンのお化けみたいなもの)をそれぞれ細かく切り、ピザの上に乗せる。オリーブ油を回しかけ、オレガノを振り掛けておく。
30分ほどねかせた後、200度のオーブンで20分ほど焼く。

<材料>小麦粉、イースト(発酵種)、トマト、黒オリーブ、モッツアレッラ、ラディッキオ、ペペローネ、オレガノ、オリーブ油、塩、湯

今回のはかなり美味い。ビールと一緒に。皿洗い専門なので、横で眺めてレシピを盗むのが主だが、野菜を切ったのは私だ。
発酵の度合いが決めて、との事だが、トマトなどを乗せてから放置しておくだけなので、細心の注意を払っているとは思えない。上に乗せる具は、トマトとチーズを主に、後は何でもいけそうだ。仕上げにオレガノを振れば、完璧。今回の量でいくと、Mサイズ程度のが2個できる。そのまま冷凍保存してもよいし、焼いてから冷蔵庫でも構わないらしい。

 

© 2001-2003 無断転載を禁止します。