ホームTurismo>トリノ基本情報

掲示バン

トリノの天気


サイトマップ

トリノ研究
manGia!!
留学&就職
トリノ便利庁
旅と写真

Turismo

トリノ基本情報
 トリノ旅行リンクnew!!
 トリノへのアクセス   
  飛行機
  主な手続き
  From&Toトリノ空港
   タクシー
   バス
   鉄道
 車・ 自転車レンタル
  車
  自転車
 ト リノの交通
  バス&トラム
  電車
  タクシー
 観 光
 サッカー観戦
  Shops
 夜・ 夜・夜・・・
 ショッピング


- ヒコウキ倶楽部
- 見所と催し
- トリノ八景

Albergo+
-ホテル
-レジデンス&ユース
Ristorante+
-リストランテ
-カフェテリア
-専門店




ト リノ/北西イタリア/サヴォワ地方

ピエモンテ州政府
piazza Castello 165
tel. 011-43211
www.regione.piemonte.it

トリノ県庁
via Maria Vittoria 1
tel. 011-8612111
www.provincia.torino.it

トリノ市
piazza Palazzo di Citta 1
tel. 011-4421111
www.comune.torino.it

トリノ観光局

www.turismotorino.org

 


2011年、4年ぶりに大更新です・・・
お問い合わせの多い事項に関して、トリノ観光局の情報を元に主要情報を載せております。
詳細はトリノ観光局サイトも 参照ください。(英語もあり)
トリノの市外局番は011。
イタリアの国番号は39です。


GoogleMapト リノ



関連ページ>>>ヒコウキ倶楽部 2007 年8月更新

飛行機:
日本からの場合、欧州のハブ(中継)空港で乗り換えた後、トリノ・カゼッレ空港へ。Air France, Lufthansa, ANA,British Airwaysな どがそれぞれの本拠地を中継してトリノに入っています。(現在KLMのトリノ−アムステルダム間の運行はないようです)
マイレージ提携の便を選べば賢いかも。実際に私が利用した航空会社のコメントは「ヒ コウキ倶楽部」にまとめています。直行便がよい、という方はミラノ、マルペンサ空港に到着する手もあります。

ミラノ直行便利用の場合
イタリア直行便はなんとJalの撤退により、Alitaliaローマ乗継でミラノ着のみ。
アリタリア利用の場合、ミラノからはトリノ行 きのバス(飛行機扱い)が出ていましたが最近乗っていないのでまた変更があったかもしれません。事前に確認を。

バスでマルペンサ空港⇔トリノ
マルペンサからトリノへはこのほか、SADEMという会社のバスで移動できる。ただ し、事前予約が必須になってしまったのが難点・・・。オンラインでも購入できるのでぜひトライしてみてください。バスの最新時刻 表や経路、料金はSADEMの ホームページから。1225日は運行なし。
所要時間2時 間
料金:片道18ユー ロ *切符は購入日から60日 間有効なので往復を買うのも便利

 マルペンサ空港(ミラノ)からトリノへ
チケット購入:到着ロビーの旅行会社Airport2000
乗車口:マルペンサ空港の到着ロビー4番 出口を出て、バス乗り場18
出発時刻:マルペンサ(ターミナル1)発 11:30,15:30,20:30
*夜にトリノに到着する場合、終点のアウトスタツィ オーネMapC.so castelfidardoC.so V. Emanueleの角)までいくとタクシーがいないことが多い。終点手前のポルタスーザ駅 で下車するほうがベター。

 トリノ(アウトスタツィオーネ Mapか らマルペンサ空港(ミラノ)へ
チケット購入:トリノのアウトスタツィオーネ(C.so castelfidardoC.so V. Emanueleの角)
出発時刻:トリノ(アウトスタツィオーネ)発 7:00,9:00,15:00

乗り継ぎでトリノ空港へ到着の場合
最初に入った空港で、パスポートのコントロール(スタンプを押してもらうアレ)を行います。例えば、パリで乗り継 いでトリノへ、という場合はパリでパスポートのコントロールがあります。
トリノ空港に到着の際、まずはターンテーブルで荷物を待ちますが、日本からスルーで到着した方は、EU以外の荷物が出てくるもう一つ向こうのターンテーブ ルで待ちましょう。
帰りも上記と同様です。トリノの空港からEU圏内の乗り継ぎ空港へ出る際はパスポートのコントロールはなく、乗り継ぎ地のアムステルダムでパスポートコン トロールです。
また、免税のスタンプ(150ユーロ以上は免税)も、最後のEU圏国で押してもらいます。現物(未使用に限る)を提示するように言われます。上記のような 場合(トリノ出国アムス乗り継ぎ)だと、同様にアムステルダムの窓口で手続きになります。

トリノ・カゼッレ空港
空港のホームページが新しくなりました。オンタイムの情報をサイトで確認できます。
Aeroporto Internazionale "Sandro Pertini"
strada San Maurizio, 12 - Caselle Torinese (Torino)
tel. +39-0115676.361/362
fax +39-0115676.420

From&Toト リノ空港:
  バス
空港へ向かうバス。Sademの 運営するバスは所要時間約40分。料金4.13ユーロと、かなりお得。
朝5時15分から夜は深夜まで、一時間に2本(15分と45分) 出ているので便利。詳しい時刻表はSADEMの ホームページへ。ポルタスーザ駅、ポルタヌオーヴァ駅などに停車する。帰りも同様に。ポルタヌオーバ駅の右手、corso Vittorio Emanuele IIvia Sacchi の角にバス停が。切符はその周辺のbar、エディコラで販売。





タクシー
トリノの中心地まで16キロ、所要時間約30分。料金は30ユーロ程度。タクシーの初乗り料金は、3.10ユーロ。 夜間(22時から朝6時まで)には2.10ユーロ、祝日の朝6時から22時までも1.05ユーロの超過料金。また、大きな荷物、スキー板、ペットなどを乗 せる場合も0.50ユーロの超過料金がかかります。

 鉄道
空港駅からDora駅まで電車が出ています。Dora駅からは市営バスのDoraFlyを利用するのが便利。
料金2.58ユーロ。
所要時間約20分。

 

車・自転車レンタル

車:
空港にも数種類あるレンタカー。イタリアではAT車は扱っ ていないと思ったほうがいいくらい、圧倒的にマニュアル車が多いです。
国際免許証は免許に記載されている住所の所轄の免許センターで申請。平日だけですが、手数料3000円 以内でその日中に発行してくれます。すでに過去申請している人は古い国際免許の返却をお忘れなく。
Hertzなど、大手の会社はウェブ上で日本 からも予約が可能。金額も事前に確認できます。現地では、国際免許証とクレジットカードが必要になります。

AVIS
corso Turati, 37
tel. +39-011501107
Europcar
via Madama Cristina, 72
tel. +39-0116503603
Hertz
via Magellano, 12
tel. +39-011502080
Maggiore
corso Moncalieri, 217
tel. +39-0116614629
Sixt
via Madama Cristina, 111/c
tel. +39-011657181

そのほか、カーシェアリングの制度もありますが、長期滞在者でない限りメリットはなさそうなので、ここでは割愛します。

自転車:
トリノに2010年にお目見えした自転車シェアシステム、TOBIKE
ただし、年間使用料+使用時間分を支払う制度なので、旅行者の方にはあまり向いていないかも。ただ、年間料といっても20ユーロなので、数ヶ月の長期滞在 なら十分検討の価値あり。

トリノの交通


バス&トラム&地下鉄:
トリノの町並みトラム、バスはトリノを巡るのにもっとも便利な交通手段です。
GTTによって運営されています。ホー ムページにも情報がいろいろと掲載されているので、そちらもどうぞ。カステッロ広場、Porta Nuova駅のインフォメーションなどで、バスの路線地図を入手すれば、以外に簡単です。
切符は、新聞を売っているスタンドなどで購入できます。自動券売機もありますが、お釣りや切符が出てこないこともあるので注意。

バス・トラムチケットの主な種類(イタリア語名称も添えました)

通常券・ビリエット:トリノ市内なら、70分乗り放題(1ユーロ)
一日券・ジョルナリエロ:一日乗り放題
ショッピング券:9時から20時までの4時間乗り放題・市内のみ
回数券・カルネ:15枚つづり
一週間券・セッティマナーレ:刻印した時点から次の日曜日までの一週間
ヴィアッジャーレ・インシエメ券:土曜・日曜・祝日の14時半から20時までの間なら最大4人まで一 緒にのり放題で使える旅行者向けチケット。
トリノカードでも48時間・72時間バス、トラムが乗り放題。美術館入場やスペルガ行きのトラム、モーレアント ネリアーナのエレベーターにも使えます。
使用方法
最初に乗車したときにバス前方あるいは後方にある黄色/白のボックスに切符を差込み、時刻を刻印します。乗っていて、自分の降りる前に70分が経過してし まうのが解ったときは、切符のもう片側に刻印します。
あまり検札に来ないときもありますが、中心街などは、いっせいに乗り込んで切符を拝見、となりますので、かならず、刻印しましょう。切符があっても、刻印 がないと罰金を取られます。

地下鉄:
2006年トリノオリンピックを機に開通。ポルタ・ヌオーヴァ駅からトリノ市の西のコッレンニョ市をつなぎます。1ユーロ。70分以内ならその後のバスの 乗り継ぎもそのチケットで乗車OKです。

2011年現在ポルタ・ヌオーヴァ駅から南下する新しい線の工事が進んでいます。3月ごろ開通予定とか。

電車:ポルタヌオバ駅
イタリア国鉄のサイトではオンライン購入、時刻表検索などができてとても便 利。私は必ず事前にチェックしてプリントアウトして出かけます。料金の事前に分かるし、簡単時刻表代わりになるので・・・。ここで検索してアスティやア レッサンドリア、アオスタなどに足を伸ばしても。
Porta Nuova
corso Vittorio Emanuele II, 53
tel. +39-011532427

Porta Susa
piazza XXVII Dicembre, 8
tel. +39-011538513

タクシー:
カステッロ広場、サンカルロ広場、などの主要な場所にはタクシー乗り場があります。その他の場合は電話で呼べばすぐに飛んできます。その速さたるや、恐ろ しいくらい。
初乗り料金は3.10ユーロ。通りの名前と番地を言えば、玄関の前まで正確に連れて行ってくれます。日曜日などの休日や深夜、その他荷物が多い場合なども 上述の通り割増料金をとられます。

Centrale Radio
tel. 0115737
Radio Taxi
Tel:0115730-0113399

観光

関連ページ>>>催しと見所

トリノの見所は、市販 のガイドブック&以下の観光案内で最新の資料を貰えばとりあえず揃います。中にはこのページをかなりプリントアウトして使用してくださっている方も結構い らっしゃるとのことで、感激ですが・・・。






オリンピックを機に、観光客も軒並み増え、トリノ市も観光には力を入れています。
観光局のページはこちらへ。
以 前からあった、トリノカード(博物館、美術館に入場自由)が新しくなってTorino+Piemonte Cardに生まれ変わったほか、トリノの週末をお得にステイできるWeekend Torino、美食の街を意識したChoco Pass、Torino Gourmetなどいろいろ。
また、観光音声ガイドも無料配布中。iPod用、mp3形式が現在アップされています。言語は英語、フランス語、イタリア語。
詳しくは、見所と催しのページで紹介しています!

さて、新名所はFiat工場 を大改装してできたリンゴット内の複合ショッピングモール、8ギャラリー。屋上には当時画期的なデザインとして注目を浴びたテストコースが残り(現在工事 中で2003年6月15日まで立ち入り禁止)、昨年公開になったアニエッリ会長夫妻の絵画館には名画23点が収められています。その他2000年にオープ ンのモーレアントネリアーナの映画博物館や、マ ダーマ宮殿。エジプトはカイロの博物館に次ぐ規模を誇るエジプト博物館王 宮自 動車博物館、聖骸布のあるトリノのドゥオーモ、山頂に立つ教会ス ペルガ、少し足を伸ばしてストゥピニージ宮殿など。ポー川の観光遊覧船は2隻とも完全リ ニューアル。スペルガへ行くのに便利なトラムは歴史あるもの。両方とも気候のいい季節に是非。
私のお勧めは、王宮横にある付属の図書館。 レオナルドの自画像スケッチがあることでも有名。(2003年3月9日から一年間公開。水曜日と日曜日のみ。要予約)ここは観光客も少ないので、係りの人 の手が開いていれば、付きっ切りで説明してくれます。本は本当に古いものですが実際に手にとって見ることも可能。図書館内部のデザインなどは、博物館を凌 駕する勢い。
詳しくは催しと見所の ページへ。

トリノ観光局
www.turismotorino.org
e-mail: info@turismotorino.org

*カス テッロ広場
Piazza Castello/Via Garibaldi
Tel: +39 011535181

*ポルタヌオーバ駅構内
Stazione Porta Nuova (8:30-19:30)
Tel:011-531327
Fax:011-5617095

*トリノ空港内
Aeroporto Internazionale
Torino Caselle (8:30-23:30)
Tel:011-5678124

サッカー観戦

 

ユベントスのファン、という方にはおなじみのデッレアルピスタジアム。中に はフィラデルフィアの練習場にまで赴いて、お気に入りの選手とコンタクトをとるつわものも・・・。
デッレアルピに行くには、3番9番72番などのバスが。9番はPorta Nuova駅 も通るので便利。何処から行くかにも寄るので、ATMのサイトでしっかりチェックして。
フィラデルフィアに行くには14番のバスで。

切符の購入は、タバッキにて行います。ユベントスはそのほか年間観戦パスポートも用意しているので、興味のある方はお問い合わせを。
Juventus Club
Corso Galileo Ferraris 32
Tel. +39-01165631

オフィシャルグッズの販売店はこちら。
Juventus store:
Via Garibaldi 4/b
Tel. +39.011.4338709
月曜: 15.30-20.00; 火 曜-土曜: 10.00-19.30
日曜および月曜午前中休業
www.juventustore.com/

ユベントスだけではありませんTorinoもあります。やはり、年間パスポートを用意しているそう。お問い合わ せは:
Torino store:
Via Allioni 3
Tel. +39.011.5217803
月曜ー金曜: 9.00-12.30/15.00-18.30
日曜および月曜午前中休業
www.toro.it/

Torino Calcio
Via Giolitti, 45/f
Tel. +39-0118396670



夜・夜・夜・・・

トリノの皆は何処でお酒を楽しんでるの?流行のクラブは?これは映画館のreposi
今続々ニューオープンが相次いでいるのは、クアドリラテロロマーノという地区。ヴィア・ガリバルディ脇に広がる地域に は、こちらでロカーレといわれるホットなお店が一杯で、エスニックと組み合わせたフージョン料理が中心。
また特に夏になるとかなりの賑わいを見せるMurazzi地 区。Po川沿い、Vittorio広場の下辺りには多くのbirreria(ビールの飲めるところ)が一杯。人の多さはかなりのも の。
また、ボルゴ・ドーラも続々と新しいお店がオープン。若い人たちで一杯です。
クラブ、こちらで言うところのディスコテカですが、ハヤリの店は、po川の向こう側、小高い丘の辺りに沢山あります。日中通りがかってもわからないので、 夜、車を走らせて。


ショッピング


関連ページ>>>OUTLET

ショッピングといえば、via Romaと、via Garibaldivia Romaはルイヴィトン、マックスマーラ、フェラガモ、エルメス、ポリーニなど有名ブランド店で一杯です。プラダ、グッチ、 シャネル、トッズなどを扱うセレクトショップSan Carlo 1973via Romaの真ん中辺り、王宮を背にして左手に、男性対象ショップ、 女性対象ショップと分かれて数軒ほどあります。
一般的にお店はお昼の時間帯に閉まってしまうところが多いのですが、木曜日は 多くがお昼時もお店を空けているところが多いのでねらい目。銀行なども、開いているところが多いです。

マーケットがお好きな方には、各地域に出ている朝の市場がお勧め。土曜日のCrocetta地 区の衣類マーケットは、なかなか面白いものがあります。極めつけはGran Balon。第2日曜日に開催のアンティーク市場です。Piazza della Repubblica近くに出る巨大なマーケットはヨーロッパ一と言われているもの。ただ、人が一杯出ますからお 財布には十分注意を。

ところで、アウトレットという概念もイタリアに進出中。こちらではspaccioと も書かれているので、ためしに覗いてみて。スポーツ用品を扱うSupergaKappaなどのspaccioは 秀逸。少し前まで超有名ブランドの縫製を請け負っていた企業が、別の名前で放出しているお店などのある。衣料品だけでなく、工場直営のチーズ、肉などのspaccioもあります。詳しくはOUTLETの ページにて。

 

 

.

© 2001-2011 無断転載を禁止します。