ホーム>旅と写真>ミラノ、フィレンツェ女二人旅

 
 掲示バン

サイトマップ

トリノ研究
manGia!!
留学&就職
トリノ便利庁
旅と写真
- モントルー
-フィレンツェ、ローマ
ミラノ、フィレンツェ
- バッサーノデルグラッパ
- チンクエテッレ

Turismo
-トリノ基本情報
- 見所と催し
-トリノ八景
Albergo
-ホテル
-レジデンス&ユース
Ristorante+
-リストランテ
-カフェテリア
-専門店

 

ミラノの1日

ミラノのドゥオーモ
トリノ、ポルタスーザ駅も寒々としていて、雪らしきものがちらついていた寒い朝に出発。9時ちょっとすぎの急行、インターシティに乗ってミラノ中央駅を目指す。

高層ビルがぽつぽつと飛び出ているミラノの空も、やはり曇天。駅前のパニーニ売り場で昼食にありつき、取りあえずはホテルへ。

荷物を置いて、ミラノの街へ。月曜日で、どの美術館も休みというのは解っていたから、ゆっくりと、ドゥオーモまで歩いてみる事にする。via Manzoniを通ってきた為、いきなりスカラ座へ。スカラ座から、ガレッリアを抜け、ドゥオーモへたどり着く。クリスマスツリーも飾られ、買い物客でいっぱいの広場。写真を撮っていると、ハトの餌売りがやってきて餌を撒くので、ハトまみれ。

逃げ出して、ドゥオーモの中へ入る。
ひっそりと静か。ステンドグラスはいつ見ても圧巻だけれど、ココロの落ち着く場所であるところも変わらない。

外へ出て、ミラノのデパート、リナシェンテへ。リナシェンテの前の通りは、クリスマス前の慌ただしい人通り。しかし、ふと振り向くと、友人のリュックに小さな手が伸びて、チャックを開けようとしている!なんとなく殺伐とした気分に。

一方デパート内は、プレゼント購入に急ぐ人たちでイッパイ。人いきれに疲れて、ガレッリア内のマクドナルドで少々休憩。

やはり疲れたせいか、夕飯は簡単に済ませる事に。宿のおばさんにピザを持ち帰れるところを聞き、行って見るが、そう人も入っていない様子。ならば少し他を探してからという事になって、結局宿の下に位置するDA LUCAというピッツェリアへ。ルッコラと海老のリゾットを注文。なかなか美味しい。しかし、従業員は何故か全員東洋系だった。もとは中華料理だったのかな。

宿泊:ホテル・アダ
駅のすぐ横で比較的便利。宿のおばさんは溌剌とした感じの人。
ミラノの格安ホテルは夜、通りの車の音でうるさくて眠れないという経験があった為、ちょっと警戒していた。
静かではなかったけれど、寝れない事も無かった。通りに面していない部屋の方がいいと思う。
朝食はダイヤルすると、部屋まで持ってきてくれる。
その際、「カプチーノ、カフェラテ、ココア、ミルク・・・」など、早口で飲み物の種類を聞かれる。

フィレンツェ到着

ホーム

   
© 2001-2003 無断転載を禁止します。